1階間取り公開!広いリビングに土間のある男の無骨な注文住宅

家づくり
スポンサーリンク
ボン
ボン

こんにちは、ボンです。

このブログは『酒好きキャンパー(♂)の無骨でヴィンテージな家づくり』をテーマに情報発信しています。

無骨・ヴィンテージ・木・金属・酒・キャンプ・アウトドア…などが好きな方には、特に有益な内容になっていると思います。

いよいよ、男の無骨でヴィンテージな家づくり始動です。

本日は、1階の間取り公開です!
1階は一見シンプルながら、1ヶ所攻めた間取りになっています。

こだわりの詰まった間取りになっていますので、是非参考にしていただければと思います。

ボン
ボン

この記事は以下のような人におすすめ!

●他の人の間取りを参考にしたい

●無骨でカッコイイ家を作りたい

広いリビングや土間のある暮らしに憧れる

ヴィンテージやレトロな物が好き

さて、本題に入る前に本ブログが初めての方は、”本当にアナタにとってマイホームが必要なのか”を判断する為に、下記記事も読んでいただけると嬉しいです。

怒

そんなもん、必要です!!

という方は、先に進んでください。

マイホーム購入で失敗のない人生を!

では、いってみましょう!

1階に求めるもの

まず、私が1階に求めていたものは下記の通りです。

  • 広いリビング
  • 作りはシンプル
  • 広いキッチン
  • キッチンは庭向き
  • 土間を使いたい
  • 水回り動線
  • アウトドアが似合う

和室などの部屋は要らないので『リビングを広く取りたい』というのが一番優先順位として高く、あまりトリッキーな間取りにせず動線はシンプルにというのがベースの考え方です。

また、料理が趣味なので広いキッチンも優先順位として高く、庭側を向いて料理がしたという希望もありました。

そして、キャンプ大好き人間は、アウトドアが似合う土間が欲しい

以上ののような内容で打合せがスタート。

では、こだわりポイントを一つずつ見ていきましょう!

庭側全面に土間!

この間取りの一番の特徴は、庭側全面に11帖の土間がある事です。

ここはかなり攻めました。

土間が欲しい』という話をして、矢野住建さんから一番最初に提案された図面が既にこれでした。

コチラからお願いするでもなく、いきなり『庭側全面に11帖の土間』というのは矢野住建さんの提案力じゃないでしょうか?

『攻めてるな~』と思いましたが、私の趣味であるアウトドアやDIY等を考えると、かなり生きてくる間取りだな思い採用。

初回プランニングのヒアリング段階から、『こんな家が好きそうだな』というのをイメージしながら設計してくれたんだと思うと嬉しい限りです。

この、『提案力』が良い工務店を選ぶ上で非常に重要なポイントになってくると思います。

土間スペースに、キャンプ用の焚き火テーブルや椅子等を出しておいて、ランタン灯してキャンプ飯を食らう。

最高の空間じゃないですか?!

広いリビング(19帖のLDK)

次に、19帖のLDKです。

特別に1Fに和室などの部屋は要らないと思っていたので、全てリビングに費やしました。

結果、土間とリビングを合わせると30帖になります!

そして、天気の良い気持ちの良い日はウッドデッキまで開放すると、約40帖に!

気持ちの良い休日は、最高に開放的な広々LDKの完成です。

帰ってきてからの動線

帰って来てからの動線も、こだわりました。

一番のポイントは、玄関入ってすぐ左に洗面台があるという事です。

まず帰ってきてから、最初に手を洗っちゃいましょう。

客人は、そのまま土間からリビングへアプローチ

家の住人は、シューズクロークとウォークインクローゼットを経由して、着替えてリビングへ。

いちいち洗面所まで行く必要が無いので、効率的ですね~この動線。
自画自賛です。

こだわりのキッチン周り

まずこだわったのは、アイランドキッチンの向き。

基本的に、リビング側を向いている物件が多いと思うんですが、庭側を向いて料理をしたかったので、この向きにしました。

また、リビング側に向いているキッチンの場合、キッチンのカウンターを活かしきれないという点もこの向きを採用した理由です。
カウンターとダイニングテーブルが干渉してしまう、カウンターに座るとリビング側が見えないなどなど。

結果、無骨ハウスにはこの向きがベストです。

次に、後ろにはとにかく長い造作カウンター&収納棚を作ってもらう予定です。
作業出来るくらいのスペースが確保できるので、よりキッチンを広く使えるでしょう。

このカウンターの存在感は、なかなかなインパクトになると思います。

最後に、冷蔵庫は隠す点もポイントです。

生活感の象徴『冷蔵庫』ですからね、隠します。

ただ、オールステンレスのかっこいい冷蔵庫とかであれば、見せても良いのかなぁとも思いましたが、色々なパターンを想定し、結果的に隠しました。

パントリー設置案もあったが…

キッチン奥にパントリーを設置するという案もありましたが、下記2点の理由で不採用にしました。

  1. パントリーを無くす事で、より開放的にしたかった
  2. 収納が多いと逆にモノが増えて管理できなくなる

2番に関しては、収納が多く欲しいと思う人も多いと思いますが、

収納は多ければ多い程、モノが増え管理できなくなり、掃除に時間や労力を奪われるという最悪の敵ですからね。

『収納が多い家』などを売りにしているところも多いと思いますが、私は全力で反対です。

水回り動線

ここの動線については、私というよりは妻の希望でこうなりました。

結果、良い動線だと思ってます。

『洗面所は独立させたかった』というのが一番のポイントかなと思います。

独立洗面台から、両サイドにトイレ・風呂となっているというところがポイントでしょう。

また、図面では洗濯機の『W』が脱衣室に置かれていますが、ランドリースペースに設置する予定です。

そうする事で、脱衣室にも大きめの造作棚が作れるので、脱衣室はよりスッキリとして、洗濯動線も改善されると思います。

南側にランドリースペース

やっぱりランドリースペースは欲しかったので、南側に作りました。

天気の良い日は、そこからすぐにウッドデッキに出れるので、外に干す場合の動線もなかなか。

予定としては、ここに洗濯機を置く予定です。

そうする事で水を含んだ重い洗濯物を運ぶ必要が無く、洗濯機の中からそのまま干すことが可能。

洗濯動線も良いんじゃないでしょうか。

ボン
ボン

以上!

1階の間取りツアーでした!

ボン
ボン

いかがでしたでしょうか?

11坪の土間は攻めてますが、それ以外は特に攻めた間取りにはなっていないと思います。

ただし、シンプルな間取りでも生活動線は効率的な良い間取りじゃないでしょうか?

間取りや注文住宅を検討中なら

ここまで無骨ハウスの間取りについて説明させていただきましたが、色々と迷ってしまう事も多いと思います。

そういう方は、タウンライフの利用がアリよりのアリです。

ネットで簡単に、間取りや注文住宅の相談が無料でできます。

正直、私は初見で奇跡的に良い工務店に巡り合ったので、利用する事は無かったですが、迷走中の方には参考になると思います。

私も矢野住建と巡り合ってなければ、こういうサービスを使うと思います。

無料でプランニングやアイデア&アドバイスももらえるので、良い所だけ盗んで上手に利用しましょう。

数千万の買い物ですからね。
絶対に失敗しないよう、利用できるサービスはとことん使用しましょう。

間取り相談はこちら⇩

注文住宅相談はこちら⇩

まとめ

以上、1階の間取り公開でした。

● 庭側全面に11帖の土間
 ☞キャンプ用品を置いたり、ちょっとしたDIYも出来る
● 広々と19帖のLDK
 ☞土間とウッドデッキを合わせると約40帖に!
● 帰って来てからの動線
 ☞こだわりは玄関横の洗面台
● こだわりのキッチン周り
 ☞庭向きキッチン & 造作カウンター & 冷蔵庫を隠す
● こだわりの水回り動線
 ☞独立洗面台の両サイドに風呂・トイレ
● 南側にランドリースペース&洗濯機
 ☞ランドリースペースからの外へのアプローチが容易

いかがでしたでしょうか?

参考になるポイントは有りましたでしょうか?

特に、土間・リビング・キッチン・生活動線にはこだわった間取りになっているので、参考になれば幸いです!

以上、失敗のない家づくりを!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました